佐々一真

TOP50第5戦がまかつcup詳細!!

先日桧原湖で行われたTOP50戦でメインにしたのはジジルをメインとした表層系!!

練習の時から湖の各所(ハンプ、岬、立木など)に魚が群れている場所を発見していて、結果的に1番有効だなと感じていたのが表層系ルアーでのアプローチでした。

これはボイルしている魚を狙う訳ではなく群れの上を通してくると徐々に群れが盛り上がりバイトに至るという感じでした。

特にちょっと深い沖のハンプをジジル80で湧かせるとサイズが良く来ると800~1キロクラスで、条件が整えば4~5キロいけるかと期待していました。

しかし、試合当日は微風...

ジジル80は厳しいかなという状況になり

ジジル、ジョーダン50にシフトダウン。

ライブスコープの普及で魚の多い場所はバッティングが多くB級、C級のスポットのランガンがメインに。

結果サイズアップに苦しみ5匹3310gで13位フィニッシュでした。

今回は早い段階で表層パターンは無視できないと気づきタックルもいろいろ試しましたが、明らかに船べりでのバラシが多い...

その末に出した答えはグラススピニング。

水面で長い時間漂わせるためPEのセッティングになる表層系。

ゆえに船べりにくると余裕が無くなりバレてしまう。

そこで、船べりでの急な突っ込みに対する余裕を作り出すためのグラススピニングでした。

 

・タックルデータ

ロッド:シマノ ゾディアス260ML-G

リール:シマノ ヴァンキッシュ2500SHG

ライン:シマノ ピットブル0.6号✕リーダーフロロ6lb

ルアー:ジジル、ジョーダン50

 

そして、この魚達を見つけるために必要不可欠だったのがライブスコープ。

※写真はイメージです。

特に使ったのがエレキに付けているライブスコープではなく、トランサムに取り付けているサイドライブスコープ。

魚探がけする際に見ているライブスコープでこれがある事で今年のプラクティスは効率がかなり上がりました。

サイドライブスコープ詳しくはYouTubeで紹介しているのでこちらからどうぞ↓↓↓

「GARMIN魚探ライブスコープサイド!!ライブスコープとサイドビューを重ね合わせる事で魚探掛けは変わる!!」

 

#TOP50#桧原湖#がまかつcup

カテゴリー タックル

2019-10-14 21:40:53

TOP50第5戦がまかつcup!!

台風の影響で1dayだったTOP50第5戦がまかつcupは13位フィニッシュ!!

1dayという事で全開で釣りに行きましたがバッティングも多くハイペースなランガンで数を重ねますが、サイズアップに苦しみました。


年間は昨年と同じく9位となかなか抜けられないこの位置。


シーズン戦はこれで終了ですが、残る選手権、クラシックとまだまだ頑張ります!!

#TOP50#桧原湖#がまかつcup

カテゴリー トーナメント

2019-10-14 19:28:06

マスターズ第4戦ダイワcup詳細!!

マスターズ第4戦ダイワcupでは終始このタックルでした!!

ロッド:シマノ バンタム263SUL-S
リール:シマノ ヴァンキッシュC2500SHG
ライン:フロロ2.5lb
ルアー:1.3gダウンショット ガルプアライブミノー
フック:ハヤブサ ファイナルフィネス#8

アタリは超シビア!

やっと掛けても口のまわりにギリギリ掛かってるなんてのがほとんどでした。

毎日15本くらい釣って飲まれたのは1、2回程度...

そんな状況でも魚をとれたのはファイナルフィネスのおかげ👍

 

釣り方はライブスコープを使ってのシューティングと最近のトーナメントでは至って普通になりつつある釣り。

マスターズでもライブスコープが普通になりつつあるのって良く考えると凄い😅
 

今回はさらにGARMINの最新エレキ「フォース」のアンカーロック機能を使用する事でエレキの操船不要になり釣りに超集中。

今まで気づけなかったバイトや食わせ損なっていた魚達に気づけた事が釣果に大きく貢献してくれました👍


ブラシレスということもあり、真下の魚に対するアドバンテージも感じることが出来ました😁

魚探の進化とともにプレッシャーを与えないように少し離れて釣るのが主流になりつつありましたが、フォースの登場でまた釣り方が変わりそうです!

#マスターズ#野尻湖#ダイワcup#フォース

カテゴリー タックル

2019-09-26 14:03:01