佐々一真

Category GARMIN

2Ⅾソナーもう一つの発信方式CHIRP(チャープ)を解説!!

前回に続き、2Ⅾソナーもう一つの発信方式CHIRP(チャープ)を解説する動画を自分のユーチューブチャンネルに公開しました。

単一周波数とチャープでいったい何が違うのか、映り方がどう変わるのかなど解説しています。

次回はクリアビューについて解説する動画を公開する予定なのでお楽しみに。

 

#CHIRP#チャープ#魚探#ガーミン

カテゴリー GARMIN

2020-05-03 23:00:23

魚群探知機の基本機能2Ⅾソナーを解説!!

今回は魚群探知機の基本中の基本である2Ⅾソナーを解説する動画を自分のユーチューブチャンネルに公開しました。

2Dソナーの仕組みや、周波数による探査範囲の違いと特徴、魚や底の硬さの見分け方など解説しています。

これから魚群探知機を使いたい方や、今使っているけどよくわからないという方に見ていただければと思います。

ちなみに今回は単一周波数(固定された周波数)の場合を紹介しています。

もう一つの2ⅮソナーCHIRPは次回で解説していますのでそちらもご覧いただければと思います。

#2Ⅾソナー#魚群探知機#魚探#ガーミン

カテゴリー GARMIN

2020-05-03 23:01:16

パースペクティブモード 航跡

今回紹介するのは航跡です。

航跡といえばチャート画面に表示される自分が通った後を線で残す機能と思われるかもしれませんが、パースペクティブモードの航跡はそれとは違います。

パースペクティブモード内では動いているものの残像の事を言います。

黄色い丸の中の青い部分が航跡(残像)です。

ちなみに映しているのは動かしているルアー。

この航跡という機能は動いているものを映し出すのが得意な機能です。

航跡の設定には4つあります。

1番上のオフは当然航跡を表示しない設定。

それ以外の早い、中、遅いは航跡の表示時間を表しています。

早いの場合は短い時間残す。

遅いの場合は長い時間残す事になります。

※ただこの機能は自分が動いてしまうと地形まで動いていると錯覚して残像が残ってしまうので自分がしっかり止まっている時の使用をおすすめします。

ちなみにこの画像で中心から左の方に動いているのは魚です。

このようにルアーや魚など動いているものを映し出すのに向いている機能が航跡です。

これはパースペクティブモードだけでなく、前方や下方も含めライブスコープでは使える機能になっています。

 

パースペクティブモード 基本編はこちら↓↓↓

https://sassa-kazuma.com/index.php?uid=760

パースペクティブモードでウェイポイントをマークするはこちら↓↓↓

https://sassa-kazuma.com/index.php?uid=763

パースペクティブモード 振動子取り付けはこちら↓↓↓

https://sassa-kazuma.com/index.php?uid=764

動画でパースペクティブモード解説を見るにはこちら↓↓↓

#パースペクティブモード#航跡#ライブスコープ#ガーミン魚探

カテゴリー GARMIN

2020-04-07 22:41:43