佐々一真

Category GARMIN

12インチのディスプレイは半端ないっす!!

やっぱり12インチ2枚は半端ないっす!


見やすくなった分、今まで見落としていたものが以外にも多いことに気付かされます😅


実家で取り付けている時は父親に「こがんとば付けて前はみゆっとや?(これ付けてて前見えるの?)」なんて言われましたが(笑)


大丈夫見えるばい😁👍

#ガーミン魚探#GPSMAP#GPSMAP8412xsv#12インチ

カテゴリー GARMIN

2019-06-04 21:13:59

クイックドローはやっぱりすごい!!

クイックドロー機能で地形が変わった場所をチャチャっと更新。


僕がガーミン魚探を導入するきっかけにもなったクイックドロー機能はその場で等深線を作成、更新してくれるので今回も超助けられています😁

その場で地図が作られていくって実はすごいたすけられる事。

地図を作っていってて「ここは変化少ないしおおざっぱにかけよう。」「ここは地形変化激しくて使えそうだからしっかりかけよう!」など大事なとことそんなに大事じゃない所がすぐに分かる👍
 

そして、細かいところはウェイポイントでカバーしていく。

どこに行ってもこの作業をやることは変わりません😆

#クイックドロー#ガーミン魚探#等深線作図機能

カテゴリー GARMIN

2019-06-04 21:11:45

振動子入れ替え!!

TOP50第2戦遠賀川を前に振動子を取り替えていました!

左の2つが新たに付けGT41-TM>54UHD-TM。

右の2つが今まで使っていたGT52HW-TM>34UHD-TM。

このセッティングの理由は新たにでできた   GT54UHD-TMが今まで付けていた振動子2つ分の振動子の仕事をしてくれるから。

1つは455kHzのサイドビュー。

これは僕が標準で使っているサイドビュー。

ものをオーバーに映してくれるので、沈みものの発見などがしやすいですね。

そしてもう1つはUHD映像。

1120kHzのサイドビュー映像ですね。

沈み物などの発見よりも発見した沈み物をさらに詳しく見たい時に使う機能ですね。

このGT52HW-TM>54UHD-TMの2つが必要だった2つの映像がGT54UHD-TMだったら両方使えるんですね!

では、GT41-TMはなぜ付けたかと言うと。

260kHzのサイドビューを使うことが出来るから。

260kHzのサイドビューが455kHzや1120kHzのサイドビューと比べてどうなるかと言うと前後方向に幅が広めのビームで周波数が低めなのでビームが遠くまで届くという事になります。

前後方向のビーム幅の広さは

1120kHz<455kHz<260kHz

ビームの届く距離も

1120kHz<455kHz<260kHz

となるんですね。

なので物をオーバーに映してくれるし遠くまでビームが届くので沈み物を発見するのには1番適した振動子かもしれません。

そして、映りやすい固めのものだけでなく、ウィードなど映りづらい柔いものも捉えやすくなりそうです。

これらはサイドビュー使用時だけのメリットではなくソナーの使用時にも言える事で濃いウィードの中で空間を探したり、ハードボトムを探したり、水を見るのにもいいと言えるでしょう!

使うのが楽しみな振動子です😁

 

 

#ガーミン魚探#振動子#GT54UHD-TM#GT41-TM

カテゴリー GARMIN

2019-06-04 21:02:37